信用情報の中にある事故情報

ブラックリストはどこにある?

カードローンを利用していると、時たま「ブラックリスト」という言葉を耳にすることがあります。ブラックリストというのは簡単に言うと、返済における事故情報のことであり、返済期日までに約定の返済金を支払わなかったことです。返済事故には主に延滞(3ケ月以上)や、借入金の返済免除を行う自己破産、借入金の減額処理を行う個人再生などの債務整理があります。

 

ちなみに、「リスト」という名前を使っていますが、返済事故の記録だけを記載している帳票があるわけではありません。信用情報の中にある事故情報のことがブラックリストと呼ばれているだけです。実は、全貸金業者のブラックリストがまとめて保管されている場所があり、それが「指定信用情報機関」です。現在は貸金業法によって指定信用情報機関制度が導入されており、すべての貸金業者は利用者の信用情報を指定信用情報機関に登録することが義務付けられています。

 

指定信用情報機関には「JICC(日本信用情報機構)」と「CIC」の2つがあり、JICCは主に消費者金融が加盟しており、CICにはクレジット会社が加盟しています。最近は両方の機関に加盟している業者が多くなっています。ちなみに、銀行業界における信用情報機関が「全国銀行個人信用情報センター」です。なお、JICC・CICと全国銀行個人信用情報センターは事故情報の定期的な相互交流を図っているため、貸金業者にブラックリストがあるからといって銀行から借入をしようとしても無駄です。

 

ブラックリストの保管期間

延滞や債務整理などの返済事故を起こせばブラックリストとして一定期間、記録が保管されることになります。延滞の場合は延滞を続けている限り記録が残り続け、返済金を支払って延滞が解消すると、解消日から1年を目途に記録が消去されます。自己破産や個人再生の場合は手続きが行われてから5年間その記録が保管されます。

 

現在は借入の申込をすると、貸金業者は必ず指定信用情報機関に利用者の信用情報を照会し、その情報を審査対象に加えるシステムになっています。従って、ブラックリストの履歴のある人が記録の保管されている期間内に借入を申込んでも、審査の時点でオミットされます。

 

なお、返済事故というわけではありませんが、カードローンに申し込んだ記録は審査に不通過であっても、借入をしなかったとしても指定信用情報機関に6ケ月間保管されます。従って、その期間内に立て続けに複数のカードローンに申し込むと俗に言う「申込ブラック」になり、審査で落とされます。

 

まとめ

現在はすべての貸金業者が指定信用情報機関に加盟しているため、利用者の個人情報や信用情報は全貸金業者の間で共有されています。従って、一つの業者で返済事故を起こせば、どの業者からも借入ができなくなります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日