ブラックリストに載っても社会的信用を取り戻す事は可能です。破滅より再生の道を

借金返済に悩まされている方はいませんか?

誰かに相談する事も内容的に難しいですし、何より収入以上の請求額は精神をすり減らす大きな負担です。ただ、そのような状況に悩まされている方を救う方法があるのも事実です。それはたった一度だけ勇気を出して、債務整理の手続きを行う事です。

 

借金を自力で返済できない状況の人の中には、返済のために別のキャッシング業者から借り入れて多重債務の状態に陥るケースもあります。これは絶対に行ってはいけません。確かに一時的には自転車操業で借金をやりくりする事は出来るでしょう。

 

その期間で何とかすれば…。後2か月あれば…。という目途があったのかもしれません。しかし、多重債務はパンクした自転車に乗っているようなものです。時間をかければかけるほど、ペダルは重く前に進まなくなります。その結果、更に状況は悪くなりまともなキャッシング会社からの借入ができなくなります。

 

最悪の場合、ヤミ金などの悪徳業者に手を出すケースも出てくるでしょう。そのようにならないためにも、弁護士や司法書士等、視野が広く専門分野に秀でた方に勇気を出して相談して、債務整理を行い、身の丈に合った返済計画を練り直す事が必要とされます。

 

債務整理にもデメリットは存在する

債務整理のメリットは、借金の一部・全部を免除してもらえる事です。債務整理は債務者に対する救済策なので、勇気を出して債務整理を行えばメリットを受ける事は充分に出来ます。しかし、当然デメリットもあります。デメリットの中でも大きいのは、信用情報機関にブラックリスト登録されてしまう事です。

 

ブラックリストに登録されると、あらゆる各種ローン、クレジットカード等の支払が組めなくなります。あらゆる支払は全て現金で行わなければなりません。これは融資側に対する配慮のようなものです。債務整理によって免額された金額は国が保証してくれているわけではありません。再発防止の意味を込めた対策なのです。

 

確かに債務整理は国によって認められている、合法的な制度です。しかし、返済義務が債務者にあるのも事実です。非のほとんどは債務者にあります。債務整理はその非を無かった事にし、約束を取り下げる制度とも言えるのです。従って社会的信用を一時的にはく奪する事で再発防止の意味を込めると同時に債務者にもペナルティを与える制度となっています。

 

社会的信用は取り戻せる

債務整理後一定期間経過すれば、ブラックリストは消えることになっています。ブラックリストから消える=社会的信用を再び得る。という構図です。それ以降は再びキャッシングやクレジットカードのサービスを利用できます。ブラックリストの状態から解放されるかですが、明確には公表されていません。悪用される危険があるからですね。ただし、目安としては5年間と言われています。

 

債務整理には3つの方法、任意整理と個人再生、自己破産があります。任意整理と個人再生は返済計画の見直しを専門家が行い、無理なく返済できるように例えば借金を一本化したりする方法です。自己破産は上記2つと異なり最低限の財産をすべて処分して債務がチャラになる方法です。これらは債務の額によって異なり希望を出す事は出来ても債務者の返済状況、借入額等に左右されます。各ブラックリストからの開放の目安は、任意整理と個人再生は債務整理後の返済が完了してから5年間、自己破産は裁判所における免責確定が出てから5年間となります。
ただし、あくまで5年間は目安として考えて下さい。

 

ブラックリストから自分の名前が消えているのか確認する方法があります。各個人信用情報機関に問い合わせる事で自分自身の信用情報の開示をしてくれます。キャッシングサービスの業者は自社のサーバーに申し込みをした人の情報を一定期間登録しています。

 

万が一にもブラックリストに名前が載っていた場合、その情報が業者のリストに登録されその理由からキャッシングサービスの利用を断られてしまう恐れがあります。従って債務整理後にキャッシングサービスを申し込む場合は必ず各個人情報信用機関に問合せて情報開示をしておきましょう。

 

また、キャッシングサービスに申し込みされる際は信用できる大手を利用する事を強く強くお勧め致します。「ブラックリストでも借り入れ可能!」や「大手がダメでも弊社はOK!!」と言った怪しい言葉に騙されないようにしてください。この謳い文句の時点で法律を守らない闇金業者だと疑うぐらい慎重になりましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日