ブラックリストに載ってしまった場合のデメリットとは?

ブラックリストについて

ブラックリストという言葉はどの世界でも多少は聞いたことがあると思います。もちろんあまり良い印象はありませんよね?悪い行いをしてしまった場合などに載せられてしまう印象があり、そのことによってデメリットが生じてしまうブラックリストですが、そのように呼べるものはキャッシングの世界においても存在します。とは言っても、トラブルを起こした人の名前がページ一杯に書かれてるようなドラマめいたものではありませんが、存在するのは確かです。

 

当然そのことによって生じるデメリットもあります。それではまず、キャッシング利用におけるトラブルとは何が想像できるでしょうか?嘘の申告なども当然トラブルと呼べるかもしれませんが、にここにおいてのトラブルは基本返済の遅れ、つまり借入金の滞納のことを指します。利用者はキャッシングへの態度を知らず知らずのうちに観察されています。

 

簡単に言いますと、利用者がしっかりと期日通りに返済ができているのかを確認、記録しているところがキャッシングにおけるブラックリストなのです。それは個人信用情報機関と呼ばれ、国の委託を受けその名と通り、個人個人の信用を言わば管理しています。ですので、何らかのトラブルを起こしてしまうとこの機関にその記録が残るということ、つまりブラックリストです。

 

ブラックリストに載る原因は?

信用情報を管理していると言っても、何も私生活を覗かれているわけではありません。具体的にはキャッシングやクレジットカードの契約件数、残高の金額、返済状況など、お金に絡んだ信用関係のことが載せられています。そして先程も記述した通り、載せられてしまう原因は返済の遅れなどになってきます。これはたった1日であろうとも関係ありません。いきなりのブラックリスト入りはありませんが延滞した記録は残ります。ただしうっかり忘れてしまい翌日に慌てて返済を済ました場合には、避けられることが多いです。

 

あくまでもブラックリストと言ってしまえるようなものですので、載せられる人は確信犯のような方達になってきます。会社側からの連絡が入っているのにも関わらず、返済をしなかったり、借入の度に返済日が遅れるような人が対象になってきます。これと言った判断基準があるわけではありませんが、3ヶ月以上の滞納はブラックリスト入りを覚悟したほうが良いでしょう。もしも返済が無理という場合には一般的に債務整理という方法がとられます。もちろん返済義務が無くなるような優しいものではありませんが、現在抱えている負債を返済可能な金額に圧縮する方法です。

 

自己破産という方法では、一定基準以上の財産を手放して債務を無くしてしまうことができますが、これは絶対に避けたい最後の手段でしょう。これは国が定めた救済法ですが、同時にブラックリストの対象でもあります。主に滞納関係が対象となってくるということです。

 

ブラックリストによるデメリット

キャッシング審査で最も重視すべき点は返済能力の有無です。それを確かめるにあたり、会社側はこの信用情報を見ることになります。考えてみてください。例え収入があったとしても過去に債務整理や幾つもの滞納記録がある人に信用してお金を貸すことができるでしょうか?ブラックリストによるデメリットは信用を失うこと、つまりはキャッシングなどのサービスが利用できなくなるということです。これは融資関係のことには全て付きまとってくると考えられるため、新規のローンにも響いてしまいます。

キャッシングポータル・キャッシングFAN【http://cashing-fan.com/

 

ブラックリストは一生もの?

デメリットしかないブラックリストですが、実は一定期間を過ぎると自動的に抹消されます。個人信用情報機関にはJICC・CIC・KSCがありますが、いずれも5年の期間となっています。これは債務整理手続き完了、延滞状態解消からの5年なので、返済をしないことに意味はありません。

 

もしも借金を抱えている場合には、今すぐにでも債務整理を行ってください。何もしなければブラックリストに載り続けたままで、何の解決にもなりません。キャッシング利用で返済日を守るのは鉄則ですので、十分に心がけて下さい。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日