キャッシングの際には即日融資と即日審査の違いに気を付けよう

即日審査と即日融資はイコールではない

キャッシング会社の宣伝文句で、「即日融資可能!」とうたっている場合と「即日審査可能!」と宣伝している場合とがあります。この二つのことばは似ているようで実は全然違うということをご存知でしょうか。この違いを知っておかないとキャッシングの際に大変なことになりますよ。即日融資の場合には、その日当日にお金を借りることができますが、即日審査の場合には、「即日」と書かれていても、実は当日に審査を行うというだけであって、即日融資を受けることができるかどうかはわからないのです。

 

即日審査をしてもらえても融資はもっと遅くなるかも

即日審査でお金を借りる場合と、即日融資で借りる場合とでは、実際にお金を受け取る時期までのスピードが大きく変わってしまう可能性があります。そこをよく理解しておかないと、「今日中にお金を借りれると思って申し込んだのに、融資をすぐに受け取ることができず、結局1週間かかってしまった。」なんてこともありえます。即日融資と即日審査との違いについて、ここから詳しく書いていきますので、キャッシングの際の参考にしてみてください。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

消費者金融系は即日融資に強い

まずは即日融資について、詳しく説明していきます。即日融資とは、「即日に融資を受け取ることができる」=「申し込んだ当日中にお金を受け取れる」ということです。この即日融資を行っているのは消費者金融系がおおく、他の銀行カードローンで借りる場合には即日融資には対応していないところがほとんどです。なぜ銀行カードローンが即日融資に対応していないのかというと消費者金融のように無人契約機が存在しないからです。

 

消費者金融系の企業は即日融資に強く、大手消費者金融の場合にはほとんどのキャッシング会社で即日融資に対応しています。大手消費者金融は全国の各地に無人契約機を設置していますので、申し込みから融資の受け取りまで無人契約機を利用して即日で融資を受け取ることができます。

 

銀行カードローンの場合には、時間制限が大きい

銀行カードローンの場合には銀行の振り込み口座を利用してお金を受け取りますから、口座振り込みを行う時間に制限があります。銀行に振り込むわけですから、土日祝日や、平日の15時以降には振り込むことができなくなってしまうのです。

 

ですから、銀行カードローンを利用して即日融資を受けたいという場合には、申し込みの時間に気を付ける必要があるでしょう。銀行カードローンの場合でも申し込みの時間が早ければ当日中に融資を受け取れる場合もあります。

 

「即日融資」と「即日審査」、「24時間受付」という言葉にも注意が必要

即日審査は、当日中に審査を行うということを意味しており、審査を当日中にやってくれても、当日中に融資も受けられるとは限りませんので注意が必要です。審査を通ったとしても、そこから何日間かまたされてしまう可能性があります。また、インターネット等を利用して「24時間受付可能」ということを宣伝文句にしている場合があります。

 

この24時間受付可能という言葉にも気を付けましょう。24時間受付をしているといっても、申し込む時間帯によっては審査が次の日になってしまうこともあります。もし、確実に当日中にお金を受け取りたいというならば、即日融資をうたっている消費者金融系のキャッシング会社に、できるだけ早い時間帯に申し込むのが確実といえるでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日