保証人や連帯保証人の責任の重さと、キャッシングでそれらが不要な理由

ローンや銀行融資には保証人が必要とされる

銀行から融資を受けたり、ローンを組む場合には保証人が必要となる場合があります。この保証人には厳密には保証人と連帯保証人の二種類が存在しており、名前は似ていてもその責任の重さは異なります。

 

キャッシグの利用において、保証人や連帯保証人を求められることは稀です。保証人や連帯保証人が求められないことは、ローンや銀行融資とは異なるキャッシング最大のメリットです。そのメリットの大きさを知るためにも、保証人や連帯保証人が負担する責任について理解を深める必要があります。

 

保証人の責任について

保証人は、銀行から融資を受ける際に必要となる人物で、融資を受けた人物が返済できなくなった時に、本人に変わり返済義務を負担する者のことです。保証人については、融資を受けた人物が返済できなくなった場合に、本人の代わりに返済を求められることになります。保証人の場合、借入金の返済義務を第一に負担するのは融資を受けた人物で、二番目に返済義務を負担するのが保証人ということになります。

 

連帯保証人の責任について

連帯保証人も銀行などから融資を受ける際に必要とされるものですが、その責任は保証人よりも遥かに重いものとなります。融資を受けた人物が、借入金の返済しない場合に連帯保証人は返済義務を負担することになりますが、連帯保証人は融資を受けた人物と同等の返済義務を負うことになります。たとえ融資を受けた人物に財産があり、融資を受けた人物が返済可能であっても、連帯保証人は債権者から要求を受ければ返済に応じなければなりません。

 

連帯保証人は、融資を受けた人物と同一順位の返済義務を負担することになるのです。保証人の返済義務が、あくまで融資を受けた人物に次ぐものであるのに対し、連帯保証人は、融資を受けた人物と同水準の返済義務を負担します。連帯保証人は、保証人よりも遥かに大きな責任を負担することになるのです。

 

キャッシングでは保証人も連帯保証人も必要とされない理由

このように保証人や連帯保証人は重い責任を負担するものです。銀行融資や各種ローンを組む際には、これら保証人や連帯保証人のなり手を探す必要があり、苦労することになります。

 

キャッシングでは原則として保証人や連帯保証人が必要とされません。保証人や連帯保証人がいない分、貸し倒れが発生すると、融資しているキャッシング会社は損失を被ることになります。ここでキャッシング会社では、貸し倒れが起きても問題ないように、金利を高めに設定しているのです。

 

金融機関の特徴を理解して、融資を受けることが大切

キャッシングでは保証人や連帯保証人が必要とされない代わりに、金利が比較的高くなります。銀行融資や各種ローンでは保証人や連帯保証人が必要とされる代わりに、金利は比較的低い水準に抑えられています。急な出費に際しては、保証人が必要とされる銀行融資で対応することは不可能です。

 

そのような場合には、審査も融資も迅速でその日のうちに借入金を振り込んでもらえることも可能なキャッシングの利用が現実的な選択となります。しかし住宅や自動車の購入といった多額の出費が必要なときには、金利の低いローンを利用したほうが経済的です。このようにキャッシングと各種ローンには一長一短があるため、その特徴を理解して、利用シーンに応じた選択を行うことが大切となってきます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日