元金均等返済と元利均等返済

借金をすると当然金利がかかります。借り入れをした金額を元金と呼び、それにかかる利子の事を利息と呼びます。

 

借り入れた額に対する利息の計算をする方法は、元金均等返済と元利均等返済の2つがあります。

 

元金均等返済とは

元金均等返済の計算方法は、まず利息分は置いておいて、元金だけを返済する回数で割ります。初回から最終返済まで、この元金の額が変わる事はなく一定です。

 

次に利息の計算ですが、こちらは毎月の額が一定ではありません。元金均等返済の利息は、初回から最終返済までの額が坂を下るように減っていきます。つまり、返済をし始めた頃は元金と利息を足した分が多くなりますが、返済が進む毎に支払う額が少なくなっていきます。

 

元利均等返済に比べると元金が早く減るしくみなので、最終的に支払う返済総額は元利均等返済よりも少なくなります。全体的には元金均等返済の方がメリットは大きいのですが、返済開始当初の負担が大きいので、それなりの収入がないと生活を圧迫してしまうデメリットもあります。

 

元利均等返済とは

元利均等返済の計算方法は、初回から最終までの月々の返済額が均一です。元金均等返済のように当初の返済が高額になる事がないので、返済の計画が立てやすい点でメリットがあります。ただし、返済回数に応じた元金は均等ではなく、当初は少ない額からのスタートとなり、最終返済に向かって元金の割合が増えていくしくみになっています。

 

一方で返済当初の利息分は元金よりも割合が多く、最後に向けて利息が少なくなっていくようになっています。つまり、元金と利息の割合は常に変化しているのですが、月々の返済額は同じになるようにバランスが保たれている状態なのです。ですから、返済を続けていてもなかなか元金が減らず、当初は利息ばかりを支払うようになってしまいます。

 

返済額が決まっているので支払いやすい半面、最終的に支払う総額は元金均等返済よりも多くなってしまうので、その点はデメリットと言えるでしょう。

 

キャッシングの返済で多い残高スライド元利均等返済

キャッシングやカードローンの返済方法としては、リボ払いの方式が一般的です。中でも多いのが残高スライド元利均等返済方式です。キャッシングを何度も利用していると、借り入れの残高は増減を繰り返す事になります。そのように変動する残高に応じて返済額も増減するというしくみになっています。

 

借り入れの残高が少ないと返済額も少ないので、一見楽な返済方法に見えますが、元金がなかなか減らないのでなかなか借金返済が終わらないのがデメリットです。ですから可能であれば返済額を追加して、なるべく元金を減らすようにできると早く借金を終わらせる事ができます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日