返済が間に合わなかったらまずは連絡を!

キャッシングを滞納するとどうなる?

誰でもお金の借り入れをする時には、もちろんきちんと返済する気で契約していると思います。それでも何かの理由があって返済が滞ってしまう人もいます。もちろんあってはならない事ですが、万が一銀行や消費者金融でキャッシングを利用して、その後滞納してしまった場合はどうなるのでしょうか。

 

怖い取り立てが来る?

借金の滞納をすると、怖い取り立てをイメージするかもしれません。実際にかつての消費者金融では、そのような取り立てが問題になった事があったのは事実です。しかし現在では、仮に借金を滞納したとしても恐ろしい取り立てをする事はありません。だからと言って何もしないわけではなく、きちんと筋を通した形で督促があります。

 

滞納するとかかるお金

キャッシングの場合、滞納した時の遅延損害金は20%となっています。遅延損害金は日に日に増していくので、もしも滞納してしまったらとにかく少しでも早く返済する事が重要です。滞納にも理由が色々とありますが、返済日をうっかり忘れてしまって返しそびれてしまったのであれば、すぐに借り入れ先に連絡をしましょう。そして速やかに返済をしてください。

 

ですが、返済日である事はわかっていても、返済するためのお金を用意する事ができない場合がもしもあったら、その際もすぐに借り入れ先に連絡をして事情を説明しましょう。たとえ連絡をしたとしても返済日を遅らせてくれるわけではありませんし、遅れれば遅延損害金がしっかりと加算されていきます。ですが、きちんと連絡をして返済の意思を伝えれば、督促の電話や通知などはとどめる事ができるでしょう。

 

滞納するとキャッシングはストップ

返済日を過ぎても返せなかった場合、新たな借り入れは一旦できなくなります。ますはしっかりと返済実績を積み重ねていって、信用を取り戻さなければなりません。返済が滞ってから3か月、きちんと返済する事ができると、再び利用をする事ができるようになります。

 

滞納したままにするとどうなるか

返済せずにそのままにしておくと、当然督促の連絡が来る事になるでしょう。個人の携帯や自宅への電話、メール、郵送での督促状などが自宅に届く事は必至です。まずは個人の携帯電話等に電話が来る事になりますが、電話に出てきちんと対応すれば何度もかかってくる事はありません。

 

事情を説明し、どのような形で返済をするかを相談する事もできるかもしれませんので、きちんと対応しましょう。どのような事情であっても、督促を無視する事は誠意のない行為です。それでもずっと返済しないようであれば、法的手段を通してから合法的な回収作業が行われる事になるでしょう。もしも多重債務に陥ってしまったら、弁護士などの専門家に相談し、債務整理を行う事をおすすめします。

 

滞納は信用情報に傷がつく

滞納してもすぐに返済をすればいいのですが、もし何度も滞納を繰り返したり、滞納したまま3か月ほど過ぎてしまった場合などには、個人信用情報に事故情報として記録される事になります。

 

個人信用情報は、銀行や消費者金融等で借り入れをする際には必ずその記録の照会がありますので、事故情報が載っていれば、数年間はいかなる借り入れもできなくなってしまうので注意しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日